ASPツールで作成したアプリでも広告収入は得られるのか?

スマートフォンが急激に世の中に浸透した事で、一昔前までパソコンから見られていたインターネットの世界は、今ではアプリを介して見る人が増えています。

そしてそういった時代の流れによって、お店の宣伝用のホームページや通販サイトも、、パソコンのホームページだけではなくアプリの開発にも乗り出してきています。

パソコンで何らかのサービスを検索しようとなった場合、検索エンジンで検索するのですが、これがスマホになると、アプリストアでサービスを検索するので、単純にアプリを持っている会社やお店は有利になります。

しかし今まではスマホアプリを作るとなると膨大な開発費と開発費用がかかった為、誰もが気軽に作ろうと思えるものではなかったのですが、最近ではアプリの開発に必要な開発言語がわからなくても簡単にアプリが作れるASPサービスも増えていて、アンドロイドアプリやiphoneアプリをプログラム言語がわからなくても作れるようになりました。

こういったASPサービスが出てくる前は、アンドロイドアプリをプログラムするとなるとjava言語が必須で、iphoneアプリの開発にはObjective-Cや最近ではSwiftという言語が必要となりました。

このObjective-Cという言語はプログラム知識のある人たちの間でも難解で通っていて、どうしてもこの言語を使いこなさなければiphoneアプリの開発をする事は出来なかったので、比較的プログラマー人口の多いjava言語で作れるアンドロイドアプリを作る人が増えていました。

そういった状況を打破する為に登場した言語がSwiftでしたが、Swiftが登場した事でiphoneアプリの開発に対するハードルを下げる目的があったと思います。

アプリ開発に必要なデータ

しかし、今ではこのSwiftすら覚えなくてもアプリ開発が登場したという事で、プログラム言語の取得をせずにアプリ開発を始められるので、プログラマー以外の人たちもこのASPサービスを利用してアプリ開発を始めています。

プログラム知識不要のASPサービスには様々な会社の様々なサービスが展開されていますが、その中でも人気のあるASPサービスに「Yappli(ヤプリ)」というサービスがあります。

この「Yappli(ヤプリ)」はドラッグアンドドロップでアプリが作成出来るという、全くのプログラミング知識の無い人でも簡単にアプリが作れるASPサービスです。

もちろん「Yappli(ヤプリ)」はただアプリが作れるだけではなく、プッシュ通知やソーシャル連携、アクセス解析等の分析ツールといった、様々な魅力的な機能が充実しているので、作ったアプリ利用者が楽しめたり、プロモーションの戦略を立てるのに必要な機能も充実しています。

しかもプログラミング知識を使わないで作れるアプリなので、それ程クオリティの高いアプリは作れないのでは?と思われがちですが、この「Yappli(ヤプリ)」で作成したアプリがApp Storeランキングで1位を獲得した例も多く、益若つばさプロデュース通販アプリの「つばコレ」や、AAA伊藤千晃がプロデュースした「CharmingKiss」も「Yappli(ヤプリ)」で作成されたアプリなのです。

この「Yappli(ヤプリ)」は月額9,800円で利用可能ですが、10日間の無料トライアルもあるので、今までアプリ開発を躊躇していた企業や個人の方にオススメのサービスです。→ヤプリのアプリ開発費用ページ

パソコン作業の休憩中のデスクの上

そしてアプリ開発と言えばアプリ広告からの収入が気になると思いますが、今回ご紹介したプログラム知識が無くてもアプリ開発が出来るASPサービスでも、アプリからの広告収入が得られるのか気になります。

全くのゼロからアプリ開発をすれば当然、アプリからの広告収入も自由に設定できますが、こういったASPサービスは、広告収入はASPサービスの会社という形で、アプリが簡単に作れるメリットがありながらも、その後の広告収入が見込めないというASPサービスもあるみたいです。

しかし今回ご紹介した「Yappli(ヤプリ)」は、広告収入もアプリ開発者にきちんと入るので、プログラミング知識を使わないで簡単にアプリを作れるだけではなく、その後の広告収入も見込めます。

アプリケーションとデータベース

広告収入に対する広告配信管理料は毎月の広告収益の20%となりますが、もし、この「Yappli(ヤプリ)」で作ったアプリがApp Storeランキングで1位を獲得した場合、ダウンロード数が10万ダウンロードを超えるなんて事も夢ではありません。

そしてダウンロード数が10万ダウンロードを超えて、広告費が仮に60円だった場合、広告費60円×10万=600万という広告収入が見込めるのです!

このASPサービスは用途に合わせて色々なサービスが出ていますので、自分たちが作りたいアプリに合わせて色んなサービスを選ぶ事が出来ますが、ASPサービスによっては広告収入が出ないサービスもありますので事前の確認が必要です。

もちろん「Yappli(ヤプリ)」以外にもアプリ内広告での広告収入が得られるASPサービスは他にもあります。

中には無料でアプリが作れるASPサービスや、お店向けのアプリに特化したアプリ開発のASPサービスなど、サービスやアプリの仕組みに特色もありますので、目的にあったアプリで継続的に広告収入が得られるASPサービスを選びましょう!



Filed under: 基礎知識 — 21:42:00
広告収入とアプリ開発を受託するのはどちらの収入が多い?

アプリ開発を行っている会社、またはフリーランスでアプリを作っている人がアプリを作った場合、アプリ開発を受託する事で得られる受託費用と、アプリ開発を行う事で得られる広告収入という二つの売り上げが見込めます。

単純に考えるとアプリ広告から得られる広告収入は、アプリのダウンロード数や、利用者数に比例するので、ヒットするアプリが作れればかなりの金額が見込めますが、もし、ダウンロード数が伸びなかったりアプリ利用者が少なければ、それほど儲からないイメージがあります。そしてアプリ開発を受託するビジネスであれば、アプリ開発にかかる費用を上回る金額で受託出来れば確実に利益が出るので儲かります。



しかし、実際はどうなのでしょうか?

アプリ広告から得られる広告収入で儲けるのにポイントとなるのは、当然、アプリのダウンロード数と、長期間利用してもらえるようなアプリかどうかという事になります。

アプリの広告には大きく3つの課金モデルがあって、その一つが一つはインプレッション型広告(CPM)と言います。

インプレッション型広告は、広告の表示回数に応じて広告料が発生する仕組みで、インプレッション単価が0.35円で設定された場合、1000回あたりの料金をCPMで表すのでCPM350円となります。

つまり、アプリ内で広告が1000万回表示された場合には350万円の広告収入になります。

そしてクリック型広告(CPC)という課金モデルでは、広告がクリックされる事で、広告料が発生する仕組みなので、1クリック辺りの単価に対して広告収入となります。

1クリック辺りの単価CPCが20円の場合で、アプリ内で広告が2万回クリックされると、広告収入は40万円となります。

そして最後にご紹介するのが成果報酬型広告(CPI/CPA)で、この課金モデルでは、広告経由でアプリがインストールされる事で広告料が発生する課金モデルです。

インターネットのイメージ

ダウンロード1回あたりの報酬は100?600円が相場で、広告タイプには記事広告、リスト表示型、リワードなどがあります。

この課金モデルでCPI150円のアプリが3000回ダウンロードされれば、45万円の広告収入になります。

アンドロイドアプリやiphoneアプリの開発を受託した場合、売り上げは最初の一回で終わってしまいますので、もし、ダウンロード数や長期間利用してもらえる可能性のあるアプリであれば、広告収入の方が儲かりますし、確実なのはアプリ開発の受託という事になります。

手堅く稼ぐのであればアプリ開発の受託がオススメで、一獲千金を狙うのであれば、アプリの広告収入で稼ぐ手法の方が、長期的に売り上げが入る事が期待出来ます。

Filed under: 基礎知識 — 16:59:00
初心者でもアプリ開発で収入を得る事が出来る方法は?

日常生活によく役に立つ様々なアプリ

スマホアプリを作る事によってアプリ収入を得る事が出来ます。

しかし、アプリを開発するにはプログラム言語を勉強したり、開発ツールの使い方も学ばなければいけませんが、最近ではスマホ初心者でも、簡単にアプリ開発が出来る無料のASPサービスが多数あります。

なぜみんな急にスマホアプリ開発をやり始めたのかというと、システム開発というよりは、WEBサイトを作るようなイメージに近いと思います。

アプリ開発は、プログラミング言語から考えてもシステム開発の領域ですが、プロモーションや一般のコンシューマーの目に触れる機会が多いなどの側面から考えると、どっちかというと技術力というよりはWEBサイトなどに通ずるデザイン力やアイデアなど、クリエイティブなイメージが強いのがスマホアプリに対するイメージなのかもしれません。

PC向けのシステム開発に興味が無かったような人でも、WEBに代わるプロモーションツールや活用方法などで興味を持ち、自分でも作ってみようという人が増えているみたいです。

そしてそれ以外では、単純にアプリ広告での収入を目的とした副業的な感覚で、アプリ開発を始める人もいますが、果たして初心者でもアプリ開発で収入を得る事は、本当に可能なのでしょうか?

アプリ開発で収入を得ようと考えた場合、3つのビジネスモデルがあります。

      パソコンから情報発信

一つはアプリの有料販売でのマネタイズモデルで、単純に有料アプリが売れた数だけ収入が得られる仕組みです。

無料のアプリが主流になっていますので、相当に良いアプリだという事を大勢のアプリユーザーに知ってもらわない限り、なかなか売上が伸びないというデメリットがあります。

そして次には、ゲームアプリなどでおなじみのアプリ内課金という仕組み。
アプリ自体は無料で配布し、その後更に便利な機能や魅力のあるアイテムに関しては、追加アイテム、追加機能をアプリ内で販売する事で、収益化につなげる手法です。

デメリットとしては、こちらもユーザーが増えなければ、ある程度の収益を得る事が難しいという事が前提としてあります。

そして無料アプリのマネタイズで一番一般的な方法が広告収入で、これはアプリ内に広告を表示する方法で、このアプリ内広告の表示回数やクリック数がアプリ開発者の売上につながります。

最近では開発費用をかけずに無料でアプリが作れるASPサービスなども増えていて、未経験からアンドロイドアプリやiphoneアプリを作る人が増えています。

アイデア次第では初心者でもアプリ開発で収入を得る事も出来るので、是非皆さんも気軽に始めてみましょう!

Filed under: 基礎知識 — 16:16:00
アプリを自分で開発した場合、どれ位の収入が見込めるのか?

モニタに映る様々のアプリケーション

アプリ開発と言えばお金と時間がかかるイメージがありますが、お金と時間をかけてでも自社サービスのPRだったり、広告収入が見込めるので、何らかの目的で自社アプリを開発する人が増えています。

これは単に法人や有名企業に限らず、中小企業でも個人でも、様々なアプリをリリースして、自社サービスを広めたり、広告収入で成功を収めている人も少なくはありません。

アプリリリース後、アプリダウンロード数はすぐに伸びるという事は無いそうで、大規模なプロモーションや口コミ等で話題にならない限りは横ばいを続けるのが一般的です。

ダウンロード数がそこまで伸びなくても、アプリユーザー数が減らなければ広告収入も減りません。

ですので、ダウンロードされるアプリを目指し、そのアプリがダウンロード後、アンインストールする事なく長く使ってもらえる事が出来れば、広告収入はある一定のラインまで成長します。

では実際にアプリ開発した際の収入は一体どれ位見込めるのでしょうか?

もしアプリ開発を受託した場合には、アプリ開発でクライアントからもらえる開発費が収入で、誰かにお金をもらったり、依頼をされて作るアプリではなかった場合には、アプリの収入は純粋にアプリダウンロードで得られる収入と、アプリ広告から得られる収入。
そしてゲームアプリなどでおなじみのアプリ内課金収入が、アプリ開発で得られる主な収益となります。

アプリ開発にはアンドロイドアプリとiphoneアプリがありますが、最近では、費用がかからず無料でプログラム知識が無くてもアプリ開発が出来る、ASPサービスも多く出てきているので、全くアプリ開発の知識や、プログラム言語の知識が無くてもアプリを作る事が出来ます。

ノートパソコンと並んで記録用のノートがある

このASPサービスの仕組みを利用する事で、誰でもアプリ開発を出来る時代になり、誰でもアプリ開発で収入を得られるチャンスがあると言っても過言ではありません。

しかし、アプリ開発は誰でも出来る時代にはなりましたが、アプリで稼ぐ事は誰でも出来る事ではなく、実際に得られる収入もそれほど多い金額は期待出来ません。

もしアプリのダウンロードで得られる収入を目指すのであれば、有料アプリで、有料でもダウンロードしたいと思えるようなアプリを作る必要がありますし、無料アプリでアプリ広告から得られる収入を狙うのであれば、当然多くのダウンロード数が必須になるという事と、ついつい広告を押してしまうようなアプリである必要もあります。

例えば便利アプリであれば目的が明確にあるので、長時間アプリを開く事も無く、結果広告を押す可能性も低いのですが、暇つぶし系のゲームアプリなどのアプリであれば、広告をクリックしたり、間違って押してしまう事もあるので定期的な収入が見込めるのです。

Filed under: 基礎知識 — 21:11:00
アプリで収入を得るって一体どういう仕組みになってるの?

 

仕事作業に欠かさないノートパソコン

テレビでニュースを見ていたら、海外でアプリを作って大金を稼いでいる若者の話を見かけた事があります。

当時はアプリを開発するという事は最先端のテクノロジーという感じで、アプリだけじゃなく、スマートフォン自体があまり身近ではなかったので、もの凄く最先端のテクノロジーに精通した天才が成功した話だと思っていました。

ところがその後、続々プログラム知識のある方たちがこぞってスマホアプリの開発に乗り出し、中には大金を稼いだり成功している話も聞くのですが、アプリ開発で収入を得るとは一体どういう仕組みなのでしょうか?

有料のアプリであれば、単純にアプリのダウンロード数×アプリ単価で売り上げが見えますが、無料アプリの場合は、アプリダウンロードではお金になりませんが、アプリに掲載するアプリ広告からの広告収入が見込めるのです。

インターネットの世界と違って、アプリであれば世界中の人が利用する事もあり得ますので、ゲームアプリやカメラアプリなど、日本国内に限らないサービスであれば、必然的に見る人たちが増えるので、その露出の多さと無料という気軽さで広告収入も見込めます。

有料でも売れるアプリであれば売れる都度稼げますし、無料アプリであれば広告収入で毎月の副収益も見込めます。

そしてあわよくばアプリがヒットした場合には、長期間高収入を得られる可能性もあるので、そういった不労収入を求めてアプリ開発を始める人も増えています。

アプリが売れるか売れないかは、まずはクリックしてもらわない事には始まりませんし、ダウンロードされなければお金には繋がりません。

      赤いマウス

つまりは、アプリの使い勝手や機能も重要ではありますが、その前にそのアプリの存在を世に知らしめるプロモーション力や、アプリユーザーに使ってみたい、スマホにダウンロードしてみたいと思わせるネーミングやデザイン力が一番重要になります。

わかりやすい例で言うと、同じ内容のゲームアプリだった場合、そのゲームアプリが売れるかどうかは完全にネーミングとアイコンのデザインで決まります。
キャラクターがかわいくて、アプリのネーミングが気になる感じや話題性のある感じであれば、それだけでヒットする可能性も高いので、技術的には簡単なアプリでも、十分アイデア次第で大ヒットする可能性もあり、アプリのヒットで収入が得られるのです。

開発にかかる費用も、アンドロイドやiphoneで違いますが、今では無料で開発出来るツールもありますので、まったくお金をかけずにアプリリリースをする事も可能です。

Filed under: 基礎知識 — 21:15:00