初心者でもアプリ開発で収入を得る事が出来る方法は?

日常生活によく役に立つ様々なアプリ

スマホアプリを作る事によってアプリ収入を得る事が出来ます。

しかし、アプリを開発するにはプログラム言語を勉強したり、開発ツールの使い方も学ばなければいけませんが、最近ではスマホ初心者でも、簡単にアプリ開発が出来る無料のASPサービスが多数あります。

なぜみんな急にスマホアプリ開発をやり始めたのかというと、システム開発というよりは、WEBサイトを作るようなイメージに近いと思います。

アプリ開発は、プログラミング言語から考えてもシステム開発の領域ですが、プロモーションや一般のコンシューマーの目に触れる機会が多いなどの側面から考えると、どっちかというと技術力というよりはWEBサイトなどに通ずるデザイン力やアイデアなど、クリエイティブなイメージが強いのがスマホアプリに対するイメージなのかもしれません。

PC向けのシステム開発に興味が無かったような人でも、WEBに代わるプロモーションツールや活用方法などで興味を持ち、自分でも作ってみようという人が増えているみたいです。

そしてそれ以外では、単純にアプリ広告での収入を目的とした副業的な感覚で、アプリ開発を始める人もいますが、果たして初心者でもアプリ開発で収入を得る事は、本当に可能なのでしょうか?

アプリ開発で収入を得ようと考えた場合、3つのビジネスモデルがあります。

      パソコンから情報発信

一つはアプリの有料販売でのマネタイズモデルで、単純に有料アプリが売れた数だけ収入が得られる仕組みです。

無料のアプリが主流になっていますので、相当に良いアプリだという事を大勢のアプリユーザーに知ってもらわない限り、なかなか売上が伸びないというデメリットがあります。

そして次には、ゲームアプリなどでおなじみのアプリ内課金という仕組み。
アプリ自体は無料で配布し、その後更に便利な機能や魅力のあるアイテムに関しては、追加アイテム、追加機能をアプリ内で販売する事で、収益化につなげる手法です。

デメリットとしては、こちらもユーザーが増えなければ、ある程度の収益を得る事が難しいという事が前提としてあります。

そして無料アプリのマネタイズで一番一般的な方法が広告収入で、これはアプリ内に広告を表示する方法で、このアプリ内広告の表示回数やクリック数がアプリ開発者の売上につながります。

最近では開発費用をかけずに無料でアプリが作れるASPサービスなども増えていて、未経験からアンドロイドアプリやiphoneアプリを作る人が増えています。

アイデア次第では初心者でもアプリ開発で収入を得る事も出来るので、是非皆さんも気軽に始めてみましょう!

Filed under: 基礎知識 — 16:16:00